2012年09月06日

ポポーが美味しく生りました

我が家のポポーの実が熟れごろになりました。
幻の果物と言われて、1個1千円前後とも言いますが、
我が家では持て余しています。
収穫期が2週間か3週間で、
落ちると早いので工夫が必要。
写真は、落ちる寸前のものと、
収穫して食べる直前のもの。
DSCF3724.JPG

DSCF4276.JPG

我が家でいちばん好評な食べ方は、
冷蔵庫で3時間くらい冷やしたもの、または冷凍状態にしたものを、
つまりシヤーベットのような状態のものを、
スプーンで食べる方法。
  下の写真は、種と皮もあるので、きれいに見えませんが、半分食べた状態。
DSCF4275.JPG

やっぱり、マンゴーとバナナの中間の味かな。
そのままより冷やしたほうがおいしい。

近所のひとたちにも、ほんとに欲しいと言われたらあげてます。
たぶん50個もは収穫できないので、市場などに出すこともてきません。
だからこその幻の果実ですね。





posted by 普通人ダリ at 01:00| 香川 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ポポーの木(実)・・・そろそろ半世紀を生きてきましたが
初めて聞き、見ました!
日本で言うと アケビのような感じでしょうか?
マンゴーとバナナの中間・・・甘くて ねっとり感が
あって 美味しそうですが 種が多いんですね。
そういえば アケビも食べるところはあまりありませんが(^^;)
今週末は 実家に行って いちじくを貰ってきます。
子どもの頃は 白い樹液で 口の横が かぶれたものです(笑)
Posted by もにもに at 2012年09月06日 10:36
もにもにさん、初めてですか。やっぱりまぼろしの果物なんですね。今年は自家消費で一家で50個くらい食べたかな。私も10個くらい。
出荷も考えたのですが、今2本しかなくて、安定供給も難しいので断念しています。賞味期限も短いので、むつかしい果物ですね。
もにもにさんが書かれているように、木から垂れている姿はちょっと見には「あけび」ですね。でも、あけびのふわっとした甘さでなくて、ねっとり濃厚です。種はけっこうありますが、じゃまになるほどではないです。
もう終わりましたけれど、ひょっとすると来年はどこかに出荷するかも知れません。
Posted by 普通人ダリ at 2012年09月26日 13:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

にほんブログ村 スローライフ