2013年01月24日

1月23日に舟木一夫コンサートに行ってきました

1月23日18時半からの舟木一夫コンサートに出かけました。
母と妻と一緒、というよりも付き添い感覚です。
前売り指定席券を買っていたのですが早めにと、
6時前に近くの県営駐車場に停めて、アルファ穴吹ホールに出向くと、
もういっぱい並んでました。
  写真の左手がホールです。
  玉藻公園のライトアップもきれいに見えました。
2時間弱、休憩なしのコンサート。
さすがに、何曲かごとに舞台上の机の器具でのどを湿らせていました。
「68歳で、数えで70なんですよ」とトーク話されて「ホーッ」と客席。
華やかでした。お花などもたくさん沢山。
「50周年を昨年済ませて、今年は再スタート」とも。
 ざっくばらんで、歌のアクントになるトークは良かったです。
DSCF6630.JPG

私の青春時代、もちろん「高校3年生」は歌いましたが、
どちらかというと、西郷輝彦派。
あのころ、男子は西郷輝彦、女子は舟木一夫ファンが多かったと思います。
では、御三家のもうひとり、橋幸夫はというと、大人的なひとたちかな。
でも今回、行ってよかったとつくづく。

DSCF6632.JPG

私のカラオケの持ち歌である「銭形平次」もたっぷり歌ってもらいました。
この曲のとき客席みんな立って、いっそう盛り上がりました。
叙情もの、ラブソング、学園もの、たくさんのヒット曲。
アンコールも1曲。
満足して3人、帰途につきました。
舟木さん、ほとんど歌声は変わってない印象。
長生きして、喜寿コンサートも高松でして欲しいですね。
posted by 普通人ダリ at 12:06| 香川 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいですね、お母様と奥様と3人でなんて。
舟木さんは 私の母、叔母世代ですね。
でも 私も何曲かは 歌えます。
そういえば 叔母(68)は 橋幸夫さんが好きだったみたいです。
テレビ画面をカメラで写している写真がありました。
Posted by もにもに at 2013年01月26日 15:02
もにもにさんも歌うのはなにかな。やっぱり今聞いても良い歌は残っていくんですね。
叔母(68)さんは 橋幸夫さんのファンですか。歌い手と同年代、青春のど真ん中ですね、きっと。テレビ画面をカメラでなんて、ほほえましいしいですね。
Posted by 普通人ダリ at 2013年01月27日 20:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

にほんブログ村 スローライフ